18代目 青木浩太郎
青木流芳院 18代目当主
青木浩太郎

皆様、始めまして。青木浩太郎です。

鹿児島県 薩摩半島の左下端、大浦町という処で江戸時代から続く「加世田血脳薬 かせだ ち の くすり」と呼ばれる煎じ薬を作っています。このSiteでは密貿易と関係の深い“薩摩のくすり”の成立ちと絶えることなくどうやって今日まで生き延びたか、この二点を感じ取りながらご覧下さればと思います。複雑化する疾病構造、声高に叫ばれる健康寿命、これからも日本に暮らす人々のお役に立てれば幸甚に存じます。   敬具