低気圧が近づくと体調不良 気象病

皆さんの周りに「頭が痛いからもうすぐ雨が降る」とか「古傷が痛むから雨だ」のように天気の崩れを当てる方がいらっしゃるのではないでしょうか?天気による不調は「気象病」と呼ばれ原因は「気圧の変化」日本では約1000万人程度いるのではとの調査結果があります。人間の体はこの気圧変化に順応しようと自律神経が活発になります。自律神経系には、交感神経と副交感神経の二つがありこの交感神経と副交感神経の調整・切り替えがうまくできなくなると様々な不調があらわれてきます。

・・・・・これまで何となく感じていた不調は気象病だった・・・・
・・・・・気圧の変化は耳・内耳が敏感に感じ取る・・・・・・・・
   飛行機・トンネル・エレベーター・車酔い・船酔いなど

「気象病」は温度や湿度が加わることで増幅

1、症状:頭痛、肩こり、首の痛み、めまい、耳鳴り、気管支ぜんそく、関節痛、神経痛、古傷の痛み、うつや精神不安いらいら
2、出やすい時期:春、秋、梅雨、台風通過時
3、女性に多い

「気圧変化」で現れる不調は決して”気のせい”ではありません。不調が現れる前の対策・予防が重要です。

対策、身体を冷やさないように気を付けて血行を良くして睡眠休息を十分にとる。つまり血のめぐりを良くして自律神経を安定させる。参考にまで過去の記載を紹介します。
自律神経失調症
春の嵐 自律神経の失調 血の道症
めまい/ふわふわ感/フラッとする|血の道注意報?発令
慢性頭痛:血(ち)頭(びんた)緊張型頭痛
季節性気分障害/季節性うつ病=血の道症
血の道症|季節の変わり目は弱い=自律神経が不安定=異常もないのに体調不良

photo  AC