加世田血のくすり・神命湯の評判は口伝え

神命湯」をはじめとする「加世田血のくすり」を薬剤師の視点で書かれた記事です。
中医学での理論づけや民間薬との違いなどに目を向けていることは薬の専門家ならではの内容になっています。
なかでも最大の関心事は「全国無名でも南九州では根強い人気」、その答えは「効果の口伝え」と結論付けされています。情報が瞬時に広がる今と違い時間がゆっくりと流れていた昔は何もかもが”人づてに”いわゆる「口コミ」ということです。連載と別途に「老舗が老舗であり続けるためには」を述べらています、次回はそれを掲載したいと思います。
家伝薬”については過去にこのコラム(平成27年4月27日)でも書かせてもらっています。