妊娠力を高める /自分でできる「子宮・卵巣」の機能アップとは?

IMG_1625

「青木家宝湯」のなかに「産前産後」という効能効果があります。女性の妊娠から出産までの期間に発生する心身の不具合・変調の改善、安全なお産の為、安胎薬と呼ばれる所以です。
これまでは流産、死産、妊娠中毒症などの予防、マタニティーブルー、産褥性うつなどの治療に使われてきましたが産前に目を向けてみると「不妊」にお勧めと言えます。
もともと「”冷え”体質の改善」がいわゆる一人ひとりで実践できる妊娠力を高めることです。”冷え”は基本的には病気ではなく体質であるので ”冷え”の改善が自ら実践できる妊娠への近道と言えます。

・おなかの血行をよくし「子宮・卵巣」が働きやすい体質に

戦後日本の女性が第一子を出産する年齢は年を追うごとに伸び続け現在では30才を超えています。
これはあくまでも平均であり不妊を認識するまでに更に数年の期間を過ごしてしまっているのが現状です。国の制度も整ってきていますが参考にまで

不妊治療の成功率は35~39歳で約4割、40歳超えれば約1割未満という結果が示すように幾ら医療が進歩しても「老化した卵子」では妊娠の確率が低く、仮に妊娠したとしても妊娠中や高齢出産にはリスクを伴うことから、いかに若い年齢での妊娠出産が適切かを裏付けています。

何といっても妊娠出産の適齢期は30歳程度までといわれています。

とどのつまりは「備えあれば憂いなし」子宝には知識に沿った自助努力も必要です。